静岡市内での今後の地震対策のために地震災害地の視察 (東日本大震災)

1.東日本大震災視察第一回4月18日~19日

地震被害状況
福島駅西口東横イン(第1日目宿泊ホテル)の外壁修理中(タイル)
福島~一関インターまで東北自動車道車中より視察した事項は、屋根瓦の脱落が見られる程度だった。
気仙沼港に近づき、津波の到達した所に来て初めて、被害の実態を見た。
信じられない光景でした。
当社の社員I君の友人でM水産社長のM様に当時の様子を、自宅の庭の気仙沼港を見下ろせる場所で聞いたところ津波は地震から10分以内に、港と西側の川から押し寄せて来た。
車で逃げようとしていた人は、目の前で流されていった。
気仙沼中心市街を高さ15m位の波が飲み込んだ。と話してくれました。
また、津波は何回も押し寄せたとの事でした。
気仙沼市の死亡者は711人、不明者は1420人 4/11付です。

M様の話を約30分程伺い、これから南三陸町に行きたいと話したところ、地元の人でなければ道が寸断されていて、とても行けないので案内してくれるとの事で、南三陸町まで山道を案内して頂きました。
気仙沼~南三陸町に行く途中、小さな入江にある集落も壊滅状態で、小さな川沿いに山の方まで津波が押し寄せリアス式海岸特有の津波の盛上る様子がよくわかりました。
海辺と山合いを交互に走り、約1時間40分程で南三陸町に着きました。
南三陸町は壊滅状態でした。静岡新聞に載った鉄骨造の防災センターの鉄骨だけ残った建物を視察しました。
また、鉄骨構造体のみ残った建物も数棟ありました。
津波の高さが5階建のRC造マンションの5階の床まで上り、その強大な力に言葉が出ない程でした。
南三陸町の死亡者は441人、不明者は630人 4/11付です。
16時30分頃、南三陸町を出発し、静岡に向かいました。
東北自動車道、宮城県内は大雪でした。

気仙沼港の岸壁のすぐ脇の鉄骨の建物が残っていました。

気仙沼の高台住宅地より西側の大川流域の津波被害状況。

山道を下り南三陸町へ向かう道筋では川の上流まで津波の被害がありました。

南三陸町の防災センタ-、3階建ての屋上まで津波がきましたが10数名が助かりました。

南三陸の防災センタ-近くの鉄骨の建物です。
屋上まで流出物があります。

高台にある中学校から見た南三陸町の志津川流域の被害状況。

 

 

2.東日本大震災視察第二回5月12日~13日

仙台駅にて、K市議の友人のO構造事務所のO様が待っていてくれました。
そして仙台市の被災した建物の復旧調査を行った時の資料を頂きました。
特に造成地の地盤が動き、地盤が強度を失った為、建物の基礎に被害が及んだ例が多い事を取り上げていました。
また、鉄骨造では津波の被害による建物4棟を検証して、地面から約3m程度の津波にあった建物の構造体は、一部手直しも含め、再使用可能と判断出来るとしていました。

被災された荒巻川平町内会の震災直後の活動の様子、町内会の情報の伝達等、また助け合いの活動の資料も頂きました。

O様の資料による説明を伺いながら、被災地視察を仙台空港のある名取市の海沿いから案内して頂く事になりました。
仙台市内を車で走りながら被災の状況を見ましたが、道路の段差、歩道の液状化した箇所が多く見られました。
名取市の海沿いに近づくと、津波被害にあった建物が多く現れました。
名取市は仙台平野にあり、海岸沿いに海から3km~5kmの所にある仙台東部道路まで津波が来て、その高速道路が高い為、そこで止まったと思われました。
平野部なので約4m位の津波が押し寄せ、2階の床上まで上がった様子がわかりました。
仙台平野に遡上した津波は、秒速10mのスピードで地面より4m程度の高さで、内陸5km程度まで達しました。
そして、名取市 約1900人、若林区・宮城野区531人もの命を奪いました。
平野部はすぐに逃げる高台がありませんし、近くにRC造・S造の高い建物で避難できる様な物がありませんと、このように多くの人命が失われます。

O様の案内で、名取市~仙台若林区~宮城野区~仙台港~多賀城市を視察し、松島に向かいました。
松島湾内の海沿いの地域は、湾内の島々に津波の力が消されたと思われ、被災の程度は少なかったです。波の高さも2m位でスピードもそんなに速くなく、死者も12人という事でした。
松島湾内を案内して頂き、大観荘まで送って頂きました。大観荘は大きなホテルでしたが、殆どの客が震災関係の人で、別館はすべて警察の方々でした。

5月13日8:00~ タクシーにて、大観荘を出発し、東松島~石巻のS港飼料様に向け出発。
タクシーの運転手さんの話を聞きながら、仙石線の駅と列車が倒壊した所、学校が2階に土足で上げることを認めず、何人もの人が死亡した所、海岸線に何百人が遺体となって転がっていた所など
また、東松島の太平洋に面した海岸線を案内して頂きました。
津波の強大な力の前に人々は何も出来ず、ただその力に屈伏した様子がそこにありました。

10:30頃、S港飼料様の石巻工場に着きました。
S港飼料のS工場長がこの後、案内をして下さいました。S港飼料は海辺にあり、原料は船から直にサイロに取込むようになっておりましたが、海側が約700位沈下し、工場全体は約4.5m位の津波が押寄せた跡がありました。
地震の時に原料を積んでいた船が港についていたが、S工場長の判断で船のロープを解き、船は沖に全速で逃げ、助かったと聞きました。また、来社中のお客様に車で逃げないで、サイロに上がれと指示し、すぐ後に4mの黒い水が押寄せたと聞きました。
S港飼料の従業員の方々もサイロに逃げ、夜中中寒さに耐えていたそうですが、夜明けと共に自宅が心配だと言う人が増え、あとは自己責任で水の中を帰したそうです。
また、S工場長は家畜の餌を扱っているという事で、電力会社及び土木事務所に掛け合い、特別な計らいをさせ家畜の餌を届けたと話していました。

石巻市も海沿いと北上川沿いで、津波の被災が大きく、日和山から見渡した全面が壊滅状態でした。

S工場長も浴槽の水を灯油ストーブで沸かし、炊事に使っていたと話していました。
あまり細かくは話してはくれませんが、水と瓦礫の中を何キロも歩いて自宅に戻った時には色々な物を見たと思いました。

石巻市は、死者・不明者 5440人 4/11付と報道されております。

石巻市~女川町(原発の町)を見たいとS様に話し、車で案内して頂きました。
女川町は原発の町である為か、小さい入江の町の割には大きな建物が多く建ち、高台には大きな病院がありました。
しかし、津波の押寄せるスピードと高さが25m程にもなって、町全体が壊滅状態でした。
鉄筋コンクリート造りの2階建の警察の建物や鉄骨造の4階の建物が横倒し、基礎がそのまま地上に横転していました。
女川の様子を見た時、人間のやる事は自然の力の前では何とむなしいか、思い知らされた気持ちでした。とにかく高さ30m以上の所に逃げることが先だと思いました。

女川の被害は、今まで見て来た被災地と違い、あまりにもすごい津波の力を見せつけられ、自分達の無力感で声を出す気にならなくなりました。

S港飼料のS工場長のような、その時の判断力と行動力が生死を分けるものだと実感しました。
女川の死者・不明者は 1270人 4/11付と報道されています。

 

静岡の駿河区のような平野部の名取地区では建物はほとんど流失していました。

仙台港の岸壁には住宅の基礎が流れ着いていました。

石巻の日和山から市街地の被害状況を見る。

女川では4階建ての鉄骨の建物が基礎杭から引き抜かれて横転していました。

女川町では鉄筋コンクリートの2階建ての警察施設も横転していました。

 

 

PanasonicリフォームClub池田建設(株)のホームページ

↓ ↓  クリックしてご覧ください。