身近な設備も 部品の経年劣化が生じます。時々ご確認お願いします。

こんにちは 60歳からのPanasonicリフォームClub池田建設 静岡です。

今回は、私たち会社の事務所で起こった事例をお知らせいたします。

社員さんが毎日使う 洗面化粧台です。

正直、もう15年以上働いてくれています。

その洗面化粧台くんがこんな姿に・・・、

「使用禁止」って、一体何が起こったんでしょう?

実は、シャワーホースのここの部分のパッキンが劣化して

水漏れをしていたんです。

本来、ここから水漏れしますと、

シャワーホースを伝わって、下部にあります、この白い容器の中に水が溜まるようになっています。

ですから、少しの水漏れでしたら、時々 この容器を確認していれば

水漏れを発見出来るんです。

私たちは、建てて頂いたお客様宅の築後の定期点検を行っていますが、その時、必ず この容器の中を確認して、水漏れが発生していないかを チェックします。

 

もし、皆様が 洗面台の下に 水漏れを発見しましたら、

すぐ ご連絡をいただきたいのですが、

その時、

下の扉を開けた中に、この様なシールが貼ってります。

この中の品番を 控えて頂き、一緒に教えてください!

すぐに 修理依頼を致します。

今回の洗面台くんも、夕方には 修理完了致しました。

 

年末の大掃除が もうすぐ控えていますが、洗面化粧台の下の扉をちょっと開けて、中の様子を確認してみてください。

 

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も住まいの事なら
何でも!ご相談ください。

PanasonicリフォームClub池田建設(株)のホームページはこちら

↓ ↓  クリックしてご覧ください。