静岡市清水区の築19年の重量鉄骨住宅オーナー様宅、トイレ リフォーム工事。 

こんにちは 60歳からのPanasonicリフォームClub池田建設 静岡です。

静岡市清水区の築19年のH様邸から、

「トイレが古くなってきたのでキレイにしたい」というご依頼を頂き、

1階と2階の便器を取り替えるのと同時に、壁クロスと床クッションフロアーも

変えて、一新することになりました。

また、足腰が不自由になって移動が難しくなってきたご家族のために

「手摺を付けたい」ということで、手摺取付け工事も行います。

今回は、手摺取付け工事の前に、トイレ改修工事から行いました。

3階建ての住宅で、お客様は1階と2階のトイレをよく使われるそうですが、

業者さんからは2つ同時に取ってしまうと、新しい便器を設置するまで日を

跨いでしまうとのことで、お客様が住まわれている現場での工事なので、

お客様に不便が無いように進めなければなりません。

なので、寝室のある2階のトイレから先に取り替え、1階のトイレも同日に撤去し、

新しい便器を設置するのは翌日に、という手順になりました。

こちらの2階トイレをまず、

水道業者さんが既存のトイレを撤去。

取り外し終えたら、クロス業者が壁クロスと床クッションフロアーを張替え、

再び水道業者が入り、新規トイレの設置。

こうして、2階のトイレの改修は完了です。

 

続けて、1階トイレ。

取り外しも行い、この日は作業終了。

 

そして翌日、クロス業者が入り、

2階と同じように壁クロスと床クッションフロアーの張替え。

それを終えたら、水道業者がまた入って新規のトイレを設置。

こうして1階のトイレの改修も完了し、トイレ改修工事は完了。

1階のトイレの床クッションフロアーは、お客様から、

今までの物が気に入っているから同じ柄のもので、というご要望があり、

同じ柄のもので新しいものに張替えました。

トイレも新しく、リモコンパネルが付いたので、

トイレのレバーを引くために後ろを向く必要もなく、操作が可能に。

お客様もキレイに生まれ変わったトイレを見て喜ばれていました。

 

トイレの壁紙や床の色や柄だけでなく、便器の色も新しくホワイトに変わったので、

より清潔感を感じられるような仕上がりになりましたね。

試運転すると、以前よりも少ない水で流してくれるので、

水道代の節約にも貢献してくれそうです。

 

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も住まいの事なら
何でも!ご相談ください。

PanasonicリフォームClub池田建設(株)のホームページはこちら

↓ ↓  クリックしてご覧ください。